明治学院大学社会学部MENU

社会学部主催の講座とパネル展示が開催されました

社会学部での講座「震災の経験と防災を語り、若い世代に期待すること」(6月7日)と「震災の経験を撮り語り継ぐ――フォトボイス(PhotoVoice,写真と声)」展示(6月3日~7日)を開催しました。
(主催 明治学院大学社会学部、共催 NPO法人フォトボイスプロジェクト、※講座は Yahoo!基金東日本大震災復興支援助成を受けています。)

講座の様子
190618-01.jpg

東日本大震災時には小学生、中学生だった人が多く、震災の記憶はわずかだったということでしたが、宮城県と福島県からの講師の話を聴いてリアリティを感じ、いまも続く被災者の苦しみへの気づき、災害への対応(防災・減災の準備)の必要性などについて、アンケートに記入していました。

展示の様子
190618-02.jpg

報道写真やプロカメラマンによる写真ではなく、被災した人たちが生活の中で撮った写真とその想いを書いたメッセージに見入る学生たちと熱心に説明するNPOの方。

(文責:柘植あづみ)