明治学院大学社会学部MENU

実習サポート体制

各分野における専任教員

  • 身体障害者福祉、知的障害児・者福祉、高齢者福祉、児童福祉、公的扶助、地域福祉、医療福祉、精神保健福祉の各分野の専任教員を配置しています。→専任教員のページへリンク
  • 2年次から20人程度の少人数クラスによるゼミ形式(演習)の指導を、この専任教員を中心に行っています。この演習では、実習に行く前の学習として、実習での心得や実習に必要な知識、技術について学ぶほか、実習後の振り返り、実習体験をふまえた卒業論文の執筆指導が行われます。

社会福祉実習センター

実習に行く学生をサポートするため、社会福祉実習センターを設置し、3名のスタッフが常駐しています。スタッフは以下のような業務を行っています。

  • 学生に対する、実習事前学習に関する資料や、実習先機関・施設などの情報の提供
  • 学生の実習等に関する相談
  • 実習先と学生や担当教員との連絡調整
  • 実習に関する事務手続き
  • 実習先施設・機関との研究会交流等の企画・実施

フィールド・インストラクター

  • 次のような分野の社会福祉現場で働いている中核的ワーカーが、本学のフィールド・インストラクターとして、学生への助言に協力してくださっています。
  • 分野:福祉事務所、児童相談所、母子生活支援施設、児童養護施設、高齢者福祉、知的障害児・者福祉、身体障害者福祉、精神保健福祉、病院、社会福祉協議会
  • たとえば・・・

    ★2年次の方法演習、精神保健福祉援助演習における体験学習などの支援
    ★3、4年次の実習における事前指導、実習のまとめに関する助言