明治学院大学社会学部MENU

岡本 多喜子

Takiko Okamoto
教員紹介プロフィール写真
本館7階 0714号室
-
taki@soc.meijigakuin.ac.jp
-

| 社会福祉学とはなにかへ |

 

専門領域およびその概要

高齢者福祉、社会福祉政策、社会事業史

社会事業から社会福祉への変化は、内部からの主体的な変化ではなく、社会的な時代状況のなかで政策的な変更によってもたらされたという側面があります。社会福祉の現状を理解し、その本質を考えようとするとき、実施される政策の意義、背景などを考察することを避けて通ることはできません。高齢者福祉を中心として、これらのことを研究したいと考えています。

近年の研究テーマ

老人ホームにおける処遇の歴史的研究:戦前から1960年代までの養老院、老人ホームの第一次資料を収集分析し、具体的な利用者処遇を検討し、今日の日本の高齢者施設で忘れがちな人と人との関係のあり方などについて考察をしています。

地域で生活をする高齢者の環境改善の可能性:WHOの高齢者にやさしい街調査の実施、分析から高齢者を取り巻く地域社会のあり方を検討することを目的としています。 また高齢者にやさしい街の視点による地域作りを支援しています。

災害と高齢者:東日本大震災の被災地での高齢者や高齢者施設でのインタビュー調査を中心として、災害時への対応について他分野の研究者との共同研究を通して検討をしています。

老人福祉法制定から介護保険法の時代までの政策研究:老人福祉法の形成過程について、かつてまとめたものの続きとしての研究です。老人福祉法が制定されてから今日までの社会・経済的な変化、政治的な意図や国際社会からの圧力などを検討します。

担当授業

  • 高齢者福祉論A・B
  • SW基礎実習指導
  • SW演習1A、1B、1C
  • SW実習指導A、B
  • 卒業論文

社会的活動

  • 東京都社会福祉協議会 福祉サービス運営適正化委員会 委員
  • 社会福祉法人 小鳩園 監事
  • 社会福祉法人 浴風会 理事
  • 社会福祉法人 電気神奈川福祉センター 評議員
  • 恩賜財団東京都済生会中央病院 治験審査委員会・臨床研究倫理審査委員会 委員
  • 総務省 恩給審査委員会 委員長

プロフィール

日本社会事業大学大学院修士課程修了。東京都老人総合研究所から東海大学教養学部を経て、1999年明治学院大学社会学部社会福祉学科助教授、2000年4月に同教授となる。2003年度・2004年度社会福祉学科主任、2005年度・2006年度学生相談センター長。サイモン・フレーザー大学老年学部visiting fellow(2007年9月から12月)。2008年度・2009年度大学院主任。2012年度・2013年度社会学部長。2015年7月から2016年3月まで学長補佐。日本老年行動科学会常任理事。