明治学院大学社会学部MENU

日々の社会学科教員の活動

 2016年7月2日、熱海市医師会館で開催されたJapan/Korea/Taiwan: Cross-Cultural Case Conference(日本・韓国・台湾合同ケース・カンファレンス/日本家族研究・家族療法学会主催)において、野沢慎司先生が"Stepfamilies in Japan and Some Other Asian Societies"と題して基調講演を行いました。この会議は、1998年に日韓のファミリー・セラピストのケース研究交流の場として始まり、現在では台湾を加えた3ヵ国で順番に毎年開かれています。今回は、さらに香港、シンガポール、マレーシアからの参加者も加え、約50人の参加が3日間にわたって熱い議論を交わしました。その2日目に、臨床家ではない家族社会学者として招待を受け、新しい領域であるステップファミリーの研究について講演したものです。

講演の要旨はこちらです。
http://jaft.org/info/atami-japan-2016/

この会議の様子は、『熱海ネット新聞』(下記)や『静岡新聞』(7月5日付)でも紹介されました。
http://atamii.jp/today/53210/

20160706-1.jpg
会議終了後に、アジア6カ国からの参加者が記念撮影。