明治学院大学社会学部MENU

日々の社会学科授業紹介

 1年生「社会学基礎演習」でビブリオバトルを行いました。
 ビブリオバトルとは、おもしろいと思う本の魅力をプレゼンし、どの本が読みたくなったのか投票してもらい、勝敗を決めるゲーム形式の書評会です。
 各クラスでグループを作り、その中で予選を行ったのち、勝ち上がった発表者で決勝戦を行います。

20161025-1.JPG

20161025-2.JPG

 今年度も個性的でバリエーションに富んだ選書とバトルで、グループ予選から白熱した戦いが繰り広げられました。
 決勝戦にもなると、更に趣向を凝らした発表となり、時にはあっと驚く着眼点が見られます。ビブリオバトルを勝ち抜くためには、その本の面白さを自分なりに感じ取ることと、それを聴衆にうまく伝えるプレゼン力が必要です。決勝を勝ち抜いた発表者たちは、そのいずれも優れていたということになるでしょう。

20161025-3.JPG

 各クラスで1番多くの人が「読みたくなった」と選んだ本は下記の通りです。『自分がもしこの本をすすめるなら』と考えながら本を読むと、また違った発見があるかもしれません。

20161025-4.JPG

<優勝者と選ばれた本は下記の通りです。おめでとうございます!> 

門井萌香(選)阿部謹也『「世間」とは何か』講談社現代新書1995.
太田瑞希(選)速水健朗『都市と消費とディズニーの夢―ショッピングモーライゼーションの時代』角川oneテーマ2013.
中宮康祐(選)池内恵『イスラーム国の衝撃』文春新書2015.
山本康平(選)稲葉振一郎『不平等との闘い―ルソーからピケティまで』文春新書2016.
照井菜々子(選)佐々木俊尚『電子書籍の衝撃―本はいかに崩壊し、いかに復活するのか?』ディスカヴァー・トゥエンティーワン2010.
井上日菜乃・加藤まなみ(選)鈴木翔『教室内(スクール)カースト』光文社新書2012.
藤枝澪奈(選)円谷 英明『ウルトラマンが泣いている』講談社現代新書2013.
宇佐美 桂・村山怜々紗(選)四方田犬彦『「かわいい」論』筑摩新書2008.