明治学院大学社会学部MENU

日々の社会学科ゼミから

元森ゼミは、8月24~26日まで、静岡県にあるラフォーレ修善寺でゼミ合宿を行いました。周りには、自然が多く、温泉もあり、過ごしやすく、有意義な合宿となりました。

1日目
午後から集合し、到着後すぐに勉強会が始まりました。先生から課題の本として『後期近代の眩暈―排除から過剰包摂へ』が挙げられていました。章ごとに1~2人でレジュメにまとめ、発表していく形となりました。先生が補足して、説明を行い、その後みんなで議論していきました。
夕食後には、花火をし、部屋で宴会をしました。

161018-01.jpeg

2日目
この日は朝から、1日勉強会となりました。昨日と引き続き、残りの章を議論していきました。みんな眠さを耐えながら、がんばりました。昼食後は、1時間くらい休憩があり、各々昼寝をしたり、温泉に入ったりして過ごしました。そして、午後は、最後の章に向けて、再開しました。4時間ほどかかりましたが、すべて終わった後に、一人ずつコメントしました。
最後の夜はBBQをしました。野菜やお肉などたくさんあり、1日勉強したので、よりおいしく感じられました!

161018-02.jpeg

3日間の合宿では、一冊の本を読み、それぞれまとめることで、いつもの授業以上に充実した内容となりました。一人では理解できないことを、先生の説明に加え、ディスカッションすることで、内容がより明確に頭に入ってきたように感じます。
秋学期は、ゼミ論の内容となりますが、この合宿の経験を生かしていきたいと思います。

161018-03.jpeg

元森ゼミ 3年生/長谷川京子