明治学院大学社会学部MENU

日々の社会学科教員の活動

1月に刊行され、各新聞・雑誌に次々と書評が掲載され話題になっている、石原俊教授の新刊『硫黄島―国策に翻弄された130年』(中公新書)。
中央公論新社サイトの「WEB中公新書」に、著者インタビューが掲載されました。
http://www.chuko.co.jp/shinsho/portal/112208.html

また、5月17日(金)に本学白金校舎において、小笠原協会主催、本学国際平和研究所共催で、講演会「国策に翻弄された硫黄島の130年――中公新書『硫黄島』刊行を機に」が開催されます。学生を含む明学構成員は、事前申込不要です。
https://www.meijigakuin.ac.jp/event/archive/2019/2019-03-29.html