明治学院大学社会学部MENU

ボイス学科から

8月24日、今夏、最後のオープンキャンパスが開催されました。

第1回目の社会福祉学科ガイダンスは、社会福祉学科主任の和気康太教授が行いました。社会福祉は国の制度であり、日本国内だけではなく、国際も対象とした幅広い領域です。

社会福祉とは何かについて、新保美香教授が模擬授業を行いました。高校生の皆さんにもブレインストーミングに参加してもらい、社会福祉について考えました。

2回目の社会福祉学科ガイダンスは、茨木直子教授が担当しました。本日、2回目のガイダンスにも関わらず、大勢の高校生の皆さんと保護者の方々にご参加いただきました。

引き続き行われたイベントでは、新保美香教授と社会福祉学科の2年生が「ストレングスを探そう」をテーマにワークショップを開催しました。参加された高校 生はチームになって、それぞれの強み(=ストレングス)を見つけていきました。強みを引き出して支援するストレングス・アプローチは、社会福祉の大事な方 法の一つです。

次回のオープンキャンパスは、2014年3月に行います。高校生の皆様とお会いできるのをまた楽しみにしています。