明治学院大学社会学部MENU

ボイス

 受験生のみなさんこんにちは!卒業生の木本です。

IMG_1394.JPG

 私は明治学院大学に2012年に入学し社会福祉学を専攻しました。二年生からはソーシャルワークコースを選択して、初めて実習に行きました。実習先は精神障がいのある方が手芸などの活動をとおして、社会とのつながりを持つことを支援する地域活動支援センターという施設です。実習前は精神障がいがどのようなものか分からず、恥ずかしながら良い印象ばかりではありませんでした。しかし実際に実習に行くと、地域活動支援センターに通う利用者の方々は一生懸命に作業に向き合っている努力家な方々ばかりで、病気によって少し変わっているように思えるところがあってもそれは障害ではなくその人の個性なのではないかと思うようになりました。この経験から無知でいることはすごく怖いことでもっと色々な人と関わりたいと思うようになりました。それから地域活動支援センターや在日外国人の学生さんへの学習支援のボランティアなどに参加しました。このような活動をとおして地域には様々な困りごとを抱えている方々が暮らしていてその方々が一番に相談に行くところが役所なのではないかと思い、社会福祉職の地方公務員を目指すようになりました。
 そして私は現在区役所の社会福祉職公務員として高齢者を支援する部署で働いています。この部署では市のサービスを利用するために窓口にいらっしゃった市民の方の対応をしたり、虐待など様々な問題を抱えた市民の方が安心して生活を送れるように地域包括支援センターなどの関係機関と連携しながら支援したりしています。高齢者の方がこの後の人生をどのように過ごしていきたいかご自身たちの気持ちに寄り添いながら関わりをしていくことに大変やりがいを感じています。
 明学での4年間で先生や友人はもちろん、実習先の職員の方など多くの方々と出会うことができました。卒業した今でも悩みがあると相談にのってもらっていて家族のような存在です。ぜひみなさんも明治学院大学でソーシャルワークを学んでみませんか?