明治学院大学社会学部MENU

ボイス教員から

社会福祉学科の河合克義先生が内閣府の男女共同参画に関する検討会の座長に就任されました。検討会の概要は下記の通りです。

--------------------------------

地域活動における男女共同参画の推進に関する実践的調査研究について

政府では平成27年12月に閣議決定された第4次男女共同参画基本計画において、自治会長に占める女性の割合を平成32年までに10%とすることを目標として、地域活動における男女共同参画の推進、及びPTA、自治会・町内会等、地域における多様な政策・方針決定過程への女性の参画拡大を推進することとしています。

同計画に基づき、平成28年度、自治会・町内会の会長への女性の参画など自治会・町内会活動における男女共同参画が進み、自治会・町内会活動が活性化することなど地域活動における男女共同参画の推進に関する調査研究を行います。

そのため、次の「地域活動における男女共同参画の推進に関する実践的調査研究検討会」を設置しました。


地域活動における男女共同参画の推進に関する実践的調査研究検討会

1.検討会構成員(敬称略・五十音順)
河合 克義 明治学院大学社会学部教授(座長)
川北 秀人 IIHOE(人と組織と地球のための国際研究所)代表
田中 由美子 JICA国際協力専門員(ジェンダーと開発
萩原 なつ子 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授

2.検討事項
(1)本調査研究の方針及び進め方
(2)アンケートの実施及び分析
(3)ヒアリングの実施及び分析
(4)事例収集及び分析
(5)報告書の取りまとめ

3.調査期間
平成28年10月~平成29年3月
検討会開催回数 2~3回

4.スケジュール
平成28年10月第1回検討会
11月~アンケート・ヒアリングの実施・とりまとめ
平成29年2月第2回検討会
3月第3回検討会
報告書とりまとめ


自治会・町内会の現状や課題、自治会・町内会活動における男女共同参画の現状や市町村との連携等について、市町村アンケートを実施。

参考:アンケート票[PDF:359KB] 別ウインドウで開きます