明治学院大学社会学部MENU

ボイス

榊原ゼミは12月7日に横浜市西区社会福祉協議会に訪問させていただきました。ゼミで学んできた地域福祉を実際に現場で実践されている方からお話を伺える貴重な機会でした。

161227-03.JPG
(事務局長からの説明を聞きます)

訪問の主な内容としては、最初に事務局長と事務局次長の方から西区社会福祉協議会について説明していただきました。その後、生活支援コーディネーターをされている職員の方から、社会福祉協議会ではどのような仕事をしているのか、どのような思いをもって働いていらっしゃるのかを話していただき、最後に質疑応答の時間をとっていただきました。

161227-04.JPG
(質疑応答の様子)

職員の方は口々にこの仕事は面白いとおっしゃっていました。また、福祉の仕事だからといって福祉の知識だけで狭く考えると面白くない仕事になってしまうともおっしゃっていました。福祉というと暗い側面に目を向けられがちですが、シンプルに面白い、楽しいと思いながら働いている方がいると知ることができてとても心強く感じました。そして、地域でいろいろな方と関わって仕事をしていくうえで福祉の知識以外の引き出しもたくさん持っていたほうが自分も相手も楽しめ、よりよい関係が築けるのではないかと感じました。日々経験することをしっかりと自分の糧にしていきたいと思いました。

161227-05.JPG
(ゼミ生全員で)

文責:榊原ゼミ3年 市川万紀子