明治学院大学社会学部MENU

ボイス学科から

4月8日(土)に、フレッシュスチューデントキャンプ(通称:フレキャン)が開催されました。これは、在学生の有志(通称:SC)が中心になって企画実施する新入生歓迎行事で、社会福祉学科で伝統的に行っているものです。
トークセッション、ディスカッション、レクリエーション、立食パーティーなどを通じて、1年生同士、そしてSCの先輩や教員との交流を深めます。

今年は、ホールでの開会式と立食パーティーからスタートしました。社会福祉学科の全教員の紹介などに続いて、グループに分かれて話をしながら食事を楽しみました。

20170417-1.jpg

次のトークセッションでは、ソーシャルワークコースの卒業生で、川崎市役所で高齢者福祉に関する仕事をされている木本さんと、福祉開発コースの卒業生で、整形靴(補装具のひとつ)を作る仕事をされている木村さんから、大学での学生生活と現在の仕事について話をしていただきました。その後の質疑応答では、新入生から「一番とってよかった授業は何でしたか?」「長期休暇はどのように過ごしていましたか?」など、様々な質問が出されました。

20170417-2.jpg

続いて小教室に移動し、グループに分かれてのディスカッションが行われました。先輩の進行でアイスブレークのゲームをしたあと、「電車内の優先席」をテーマに、「席を必要とする人が複数いたら、だれに譲るか」、「そもそも優先席は必要か」、などについてみんなで話し合いをしました。お互いの意見を出し合い、それぞれの価値観の違いに気付く、社会福祉学科らしいディスカッションでした。

20170417-3.jpg

20170417-4.jpg

最後は、アリーナ(体育館)に会場を移し、レクリエーションを楽しみ、閉会式となりました。

20170417-5.jpg

新入生のみなさんが、フレキャンで出会った仲間と共に、充実したキャンパスライフを過ごすことを願っています!