明治学院大学社会学部MENU

ボイス学科から

 白金開講の社会起業論Aでは社会的企業・NPOに関する経営や政策動向・基本的な枠組みなどを講義しています。
 6月6日の講義では、キズキ共育塾(http://kizuki.or.jp/)という社会的企業を立ち上げ、経営されている社会起業家の安田祐輔さんから経営の実際に関してお話をいただきました。キズキ共育塾では、不登校・引きこもりなどつまづきを抱えた中学・高校生に対する個別指導事業、大学・専門学校を対象とした、講師派遣・研修・コンサルティングなどの中退予防事業など、幅広く活動されている、若者を対象とした社会的企業です。キズキ共育塾では、事業実施の際に、「マーケティングの効果的実施」や「オペレーションの効率化」など、これまでの社会福祉関連事業では必ずしも重視されてこなかった側面が強調されている点に特徴があります。
 このような安田祐輔さんの講義は、学生にとっても刺激的なものであったようで、リアクションペーパーにも福祉とビジネスの望ましい形での連携など、たくさんの意見がみられました。以前の卒業生のなかにも、安田祐輔さんの講義に刺激を受け、それをきっかけに、キズキ共育塾にインターンとして参加した結果、ビジネスの業界で社会福祉の取り組みの可能性に挑戦しようとしている学生も実際にいます。
 このような多様な取り組みの経験を大学外の様々な実践家の方と協力しながら提供していきたいと考えています。

(担当:米澤旦)

20170720-1.jpgゲスト講師の安田祐輔さん

20170720-2.jpg

キズキ共育塾での個別指導の様子