明治学院大学社会学部MENU

ボイス学科から

 8月26日、27日に、明治学院大学ではオープンキャンパスを実施いたしました。社会福祉学科でも①学科ガイダンス、②模擬講義、③「学生と教員によるオープンカフェ」を開催しました。

 学科ガイダンスでは、社会福祉学科のカリキュラムや進路や力を入れていることなどの説明がなされました。模擬講義では26日には「社会的企業の可能性」というタイトルで、福祉とビジネスの関係について米澤旦先生が講義されました。27日には「一人ひとりがつくる地域の福祉」というタイトルで地域住民が福祉にどのようにかかわるかについて、榊原美樹先生による講義が行われました。

20170910-1.jpg学科ガイダンスの様子

 また、「オープンカフェ」ではお茶やジュースやお菓子を用意した出入りが自由な空間を用意しました。「オープンカフェ」では、社会福祉学科の特徴に関してまとめたパネルやパンフレットを自由にみられる場所を用意するとともに、学生や教員と志望者の相談会の場を設けました。相談会では、社会福祉学科での何を学ぶのか、卒業後の進路は何か、何が入試、入学までに必要なのかなどが、ざっくばらんに話されました。両日とも100人を超える来場者があり、ガイダンスや模擬講義では伝わりづらい、大学生活の様子が伝わったのではないかと考えています。

20170910-2.jpgオープンカフェの様子

20170910-3.jpgオープンカフェに協力してくれた社会福祉学科生のみなさんとともに

 今回、実際に参加された方はぜひ進学先の候補として検討していただければと考えております。また、社会福祉学科では引き続き、魅力あるイベントを用意していきたいと考えていますので、社会福祉学や明治学院大学に興味をお持ちの方々は、次回以降のご参加をお待ちしております。