明治学院大学社会学部MENU

ボイス在学生から

 私は9月中旬から約二週間、特別支援学校で教育実習を行いました。不安や緊張一杯で始まった教育実習 でしたが、終わって見ると、約2週間の教育実習はあっという間で、毎日がとても充実した時間を過ごすことができました。
 1日の流れ、グループ編成、教室の場所、生徒や先生の名前など、わからないことだらけの初日。私の名前を必死に覚えてくれて、積極的に話しかけてくれて、困っていれば助けてくれたのは生徒たちでした。教える立場としての実習でしたが、実際には毎日学校に通っている生徒から教えてもらったことが多くありました。
 また、授業実習では 初め、生徒一人一人の課題を見つけるところに目が行きがちでしたが、先生方が1番注目している点・大事にしている点は、生徒一人一人のいいところ・魅力的なところだと分かりました。私自身、特別支援学校で授業を行うのは初めてで、授業が思い通りにいかず、授業作りの大変さ、難しさを痛感する日もありました。しかし、生徒たちから「分かりやすかった!」「楽しい!」と言ってもらえたり、できなかったことができるようになっていく様子を見られて、やりがいを感じることもできました。
 なによりも2週間という短い間で、多くの生徒と関わることができ、将来の糧になるような経験を得ることができました。

20171128.png
14SW1071 兼久佑以子