明治学院大学

明治学院大学

社会学部

社会福祉学科

社会福祉学科

米澤 旦

Akira Yonezawa
教員紹介プロフィール写真
ヘボン館 10階 1015
-
ayone@soc.meijigakuin.ac.jp
-

| 社会福祉学とはなにかへ |

 

専門領域およびその概要

福祉国家の形態が変わる中で、社会的企業と呼ばれる事業体がなぜ成立したのか、そして社会的企業が他の組織形態の事業体と比べていかなる行動の特徴を持つのかについて関心を持って研究を進めています。とりわけ、労働統合型社会的企業と呼ばれる、障害者や生活困窮者に対する就労支援を担う社会的企業に注目して研究しています。

近年の研究テーマ

  • 就労支援領域での「社会的企業」と呼ばれる事業体の成立についての研究
  • 「社会的企業」と呼ばれる事業体の行動特性について
  • 福祉国家再編と民間福祉組織の性格変容について
  • 医療・看護専門職のキャリア形成についての研究

担当授業

学部担当授業

  • 社会起業論A
  • 社会起業論B
  • 社会学概論
  • 共生社会の理解
  • インターシップ
  • 演習1
  • 演習2

大学院担当授業

  • 社会起業論研究A
  • 社会起業論研究B
  • 研究指導(社会起業論研究)
  • 研究指導1
  • 研究指導2

※詳細はシラバスをご覧ください

研究実績

  • 米澤旦,2011,「障害者を労働へと包摂するとは――労働統合型社会的企業の包摂アプローチの多元性に注目して」大沢真理編『社会的経済が拓く未来――危機の時代に『包摂する社会』を求めて』ミネルヴァ書房:195-220.
  • 米澤旦,2011,『労働統合型社会的企業の可能性――障害者就労の社会的包摂へのアプローチ』ミネルヴァ書房.
  • 米澤旦,2013,「ハイブリッド組織としての社会的企業・再考――対象特定化の困難と対応策」『大原社会問題研究雑誌』662:49-60.
  • 米澤旦,2014「障害者と一般就労者が共に働く「社会的事業所」の意義と課題──共同連を事例として」『日本労働研究雑誌』646: 64-75.
  • 米澤旦,2015, "Potential and Challenges of Mutually-Oriented SocialEnterprise where People with and without Disabilities Work on an EqualBasis: Case Study of Kyodoren" Japan Labor Review 12(1):76-96
  • 米澤旦,2016,「サードセクター研究の『第三ステージ』――サードセクター組織と規範性をめぐって」『福祉社会学研究』13:28-41.
  • 米澤旦,2017,『社会的企業への新しい見方――社会政策のなかのサードセクター』ミネルヴァ書房.
  • 武川正吾・角能・小川和孝・米澤旦,,2018,「高福祉高負担論への支持動向の反転――2010年代の変化に注目して」『社会政策』9(3):129-141.
  • 米澤旦,2018,「『福祉の市場化・民営化』と労働統合型社会的企業:社会サービス供給組織への新しい見方」『社会政策』9(3): 62-76.
  • 米澤旦,2020,「障害者就労継続支援A型事業所における障害者賃金と法人格の関連性とその変化――質問紙調査の二次分析から」『明治学院大学社会学部付属研究所研究所年報』50:39-47.
  • 米澤旦,2021,「欧州委員会による『社会的企業』報告書の概要と意義」『週刊社会保障』75(3131), 48-53.
  • 米澤旦,2021,「労働と福祉を結びなおす──再分配と市場交換の交差」上村泰裕・金成垣・米澤旦 編『福祉社会学のフロンティア――福祉国家・社会政策・ケアをめぐる想像力』ミネルヴァ書房.

社会的活動

プロフィール

東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了(社会学修士)、日本学術振興会特別研究員(DC2)、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程(単位取得退学)を経て、現職。

社会学部生のための手引き集

日々の社会福祉学科

社会学科・社会福祉学科の情報を発信しています。