明治学院大学社会学部MENU

社会福祉実践家の研修会

社会福祉の現場で活躍する実践家対象の研修会を開催しています。本学卒業生への卒後教育の場でもあります。
「社会福祉実践家のための臨書理論・技術研修会(通称アドバンストコース)」

* これまでのテーマ

  • 2016年度「ソーシャルワーカーの実践力の活性化」
  • 2015年度「ソーシャルワークの実践力を育てるパートⅡ」
  • 2014年度「ソーシャルワークの実践力を育てる」
  • 2013年度「ソーシャルワーカーとしてのキャリアデザインをどう描くか?」
  • 2012年度「ソーシャルワークにおけるプランニングの意義と実際」
  • 2011年度「災害とソーシャルワーク実践」
  • 2010年度「地域福祉実践の方法と課題」
  • 2009年度「ソーシャルワーク実践を支えるスーパービジョン」
  • 2008年度「ソーシャルワーク実践とアセスメント―実践の科学化を目指して―」
  • 2007年度「ソーシャルワーカーと倫理綱領~実践の中で大切にしたいこと~」
  • 2006年度「自分自身で、共に!―みんなで当事者研究のすすめ―」
  • 2005年度「当事者に学ぶ社会福実践―障害学の立場より―」
  • 2004年度「科学的ソーシャルワーク実践とはなにか―ソーシャルワーク・リサーチ(調査・研究法)の応用―」
  • 2003年度「契約時代の実践記録の書き方と福祉実践の理論家について」
  • 2002年度「福祉サービスにおける危機管理(リスクマネジメント)―利用者の安心と安全の確保と組織づくりにむけて」
  • 2001年度「21世紀の社会福祉実践の展望―専門職としてのスキルアップを目指して―」
  • 2000年度「社会福祉実践と権利擁護」
  • 1999年度「社会福祉基礎構造改革下における社会福祉実践を考える」
  • 1998年度「地域生活支援とソーシャルワーク」
  • 1997年度「少子高齢化社会における社会福祉実践のパラダイム―ソーシャルワーカーは何ができるか?―」
  • 1996年度「社会福祉実践における事例研究の方法」
  • 1995年度「福祉実践家の今日的課題」
  • 1994年度「虐待と社会福実践家の役割について」
  • 1993年度「新しい時代の福祉実践方法の理論と実際、そして課題」
  • 1992年度「最近のソーシャルワークの理論と方法」
  • 1991年度「社会福祉サービスの利用者とその家族」
  • 1990年度「地域における社会福祉実践」
  • 1989年度「社会福祉における実践理論と方法の動向―課題中心アプローチを中心として―」
  • 1988年度「生活技能(ソーシャルスキル)訓練―特に慢性精神障碍者の社会フック促進の実際から学ぶ」
  • 1987年度「ソーシャルワーカーと対人関係を扱う方法・技術」