明治学院大学

明治学院大学

社会学部

大学院 社会学専攻

大学院 社会学専攻

大学院生の状況

社会学専攻の院生数

修士課程 4名 (20生2名、
21生2名)
博士後期課程 1名 (17生1名)

論文一覧

2020年度 修士論文

カン ウエン 中国における日本系ファッションの受容とアイデンティティ・身体性:2010年代の中国版『ViVi』と読者の意識に関する研究

2019年度 修士論文

青葉 由紀子 ステップファミリーにおける親と子どもの利益の潜在的対立
―初婚継続家族を標準モデルとする社会制度の批判的検討―
Potential Conflicts between the Parent's and the Child's Interests in Stepfamilies: Examining Social Institutions Built after the Nuclear Family Model in Japan

2018年度 修士論文

リ イサ 1990年代来日中国人の子どもたち-ネットワークの中のエスニック・アイデンティティ形成史
Children of Chinese immigrant who moved to Japan in the 1990s: changing ethnic identities in personal networks and life histories
ネイ ソウ 中国の若年成人継子が語るステップファミリー経験と家族関係の多様性
――日本の研究知見との比較の試み――
リ シリン 改革開放後中国の家庭内暴力に関するジェンダー的考察
――WeChatを使った被害女性への半構造化インタビューによる――

他1本

2017年度 修士論文

他1本

2016年度 修士論文

なし

2015年度 修士論文

大嶋 選也
メディア産業の業界団体による表現自主規制「戦略」
村上 奈央
トランスジェンダーと家族関係
――トランスジェンダーの若者は親へのカミングアウトに何を託すのか?
ほか1名

2015年度 博士論文

二階堂 祐子
生きられる障害と出生前に検出される障害
――障害のある女性/男性の語る妊娠と出生前検査――
和田 みき子
自由主義経済学者、猪間驥一の人口問題研究およびその近代史認識
――1920~1940年代の考察――

2015年度学位授与式 博士号授与の様子

haku001.jpg haku002.jpg

2014年度 修士論文

唐澤 幸容
セクシュアル・マイノリティの多様性
―当事者たちへのインタビューから―
三部 光太郎
キャリア・カウンセリングの会話分析
山本 光祐
オタクのセクシュアル・アイデンティティ
―若年オタク男性の調査研究―
府中 明子
現代日本女性にとって結婚とは何か
―首都圏にくらす25~34歳未婚女性のインタビューから―
渡部 沙織
「難病」の誕生
―「難病」対策と公費負担医療の形成―

2014年度 博士論文

中村 和生
ポスト分析的エスノメソドロジーの展望と展開
―科学実践の理解可能性の探究―

2013年度 修士論文

数間 亮
KAZUMA Ryo
戦後日本の社会科教育における公民的資質の歴史社会学的研究
A historical and sociological study on citizenship in social studies curriculum at postwar Japan

2013年度 博士論文

なし

2012年度 修士論文

興津 茉由
OKITSU Mayu
レズビアン・ゲイ・トランスジェンダーに対する非当事者の若者の態度とメディアの関連
Relationship using media and attitudes toward Lesbian, Gay and Transgender
小室 允人
KOMURO Masato
日常会話における「へえ」と「ああ」~行為連鎖の完了点産出をめぐる議論~
"Hee" and "aa" in Japanese ordinary conversation: Practices for sequence completion
椎名 真大
SHINA Masahiro
インターネット空間を通じて形成される公共圏の変容
Public Spheres of Internet
松原 ゆかり
MATSUBARA Yukari
見解交渉の相互行為分析
Interaction analysis of negotiation of opinions
永澤 佳祐
NAGASAWA Keisuke
〈債権-債務関係〉と暴力の切断について
Creditor-debtor relationship and neutralization of violence

2012年度 博士論文

なし

2011年度 修士論文

田原 真喜子
TAHARA Makiko
野生動物と人間の共生への可能性 ―軽井沢のニホンツキノワグマを事例に―
The possibility of symbiosis between the Wildlife and the Residents ―Through the case of Ursus thibetanus in Karuizawa―

2011年度 博士論文

田中 剛太
TANAKA Gouta
相互行為における心 -思考、意図、意見をめぐって―
Mind in Interaction:on thought, intention and opinion

2010年度 修士論文

なし

2010年度 博士論文

なし

2009年度 修士論文

浅香 徹
ASAKA Toru
説得における欲求喚起意図を含む警告の効果 ―悪質商法被害低減に向けての社会心理学的アプローチ―
The Effects of Warning of Desire-arousing Intent on Persuasion.
小泉 玲子
KOIZUMI Reiko
ネットワークのなかの離婚 ―6人のインタビュー事例から―
Divorce in Social Network: Interviews with Six Divorced Men and Women
佐伯 幸子
SAEKI Sachiko
詐欺をめぐる現代人の意識と行動
The Modern People's Consideration and Actions over Fraud
高畠 有里子
TAKABATAKE Yuriko
看護師の<世界> ―看護師が語る、看護/労働/医師との関係―
Living as a Nurse: The Narrative of Nurses and Nurse-Physician Relationships
長塚 智子
NAGATSUKA Tomoko
「性同一性障害の当事者が家族を持つ」ということ
The Study of "A person with Gender Identity Disorder Having a Family

2009年度 博士論文

粥川 準二
KAYUKAWA Junji
幹細胞を貫く権力 ―生・資本のなかの人間―
Power That Permeates Stem Cells: Human Beings in Biocapitalism

2008年度 修士論文

亀崎 元展
KAMEZAKI Motonobu
苦悩の人―アントナン・アルトー
Creative Man
森本 真由美
MORIMOTO Mayumi
感情労働と心理学的マネジメント
Emotional labor and Psychological management
大倉 韻
OHKURA Hibiki
恋愛の社会化―アダルトゲーム消費者男性のセクシャリティに関する調査分析―
The Socialization of Love --Research and Analyses on Male Consumers of Adult Games-
砂谷 有里
SUNAYA Yuri
「居場所」としての自傷サイト-自傷者へのインタビューから
Self-harmers Found Their Own Place to Belong in the internet

2008年度 博士論文

内藤 潔
NAITOH Kiyoshi
建築する人々とその社会的空間 ―交換行為に見出す相互作用過程への説明―
People who produce Buildings and their Social Architecture -An Explanation for Interaction Procrsses emerging from Exchanges-

2007年度 修士論文

広田 孝子
HIROTA Takako
発言順番間の「間」についての考察
An examination of gaps between turns at talk in ordinary conversation
社会学科・社会福祉学科の情報を発信しています。