明治学院大学

明治学院大学

社会学部

社会学科

社会学科

社会調査実習

社会学科では、毎年度、社会調査関連科目の総仕上げとして、1年間の「社会調査実習」が開講されています

practice2020.png

「社会調査実習」とは,社会調査の企画から,実査,データ分析,報告書の執筆までを,10~15名ほどの少人数で1年間かけて行う科目です。専門の教員の指導のもとに,学生自身がフィールドに出てデータを集め,さまざまな方法で分析を加え,得た知見に基づいて年度末に報告書を作成します.自らの手で「社会学」を実践することができる,貴重な機会です。社会学科の学生は3年次にこの「社会調査実習」を履修することができます。また,2年次には「社会調査実習」の準備ともいえる「データ分析入門」という科目も置かれています。これらの科目は、社会調査士資格に必要となる科目で、とくに「社会調査実習」は仕上げとなる重要な科目です。

勇気を出して「社会調査実習」に飛び込もう!

野沢慎司
(社会学科教員/2022年度 社会調査士連絡責任者・関連科目運営委員)

 1年間の「社会調査実習」の成果を実習生たちがまとめ上げる『社会調査実習報告書』は、2022年3月に出た2021年度版が第38巻でした。今年度の実習の報告書は第39巻になります。明治学院大学社会学科には、社会調査教育に力を注いできた40年近い分厚い歴史があります。プライドがあります。

 社会学を学ぶ方法はいろいろありますが、社会調査を体験することに優る方法はありません。1年次から社会調査に関わるいくつかの授業を履修し、調査の方法やデータ分析の方法を磨いてきたと思います。また、社会現象のいくつかへの関心を温めてきたことでしょう。そんな皆さんが3年次に履修する「社会調査実習」は、少しずつ鋭敏になってきた頭の中の知識とセンスを実際に使って試すチャンスです。言い換えれば、これまでの学びの最大の山場であり、一番おいしい仕上げです。「社会調査士」資格取得のための最後のハードルでもあります。

 多様な調査フィールドに出ることによって、少しずつ「問題」が姿を現します。データを集め、分析する(少々苦しい)過程の中で、答えのようなものも少しずつ見え始めます。それは、社会を知り、社会学を学ぶことの意味が結晶化する過程です。ばらばらの個人ではなく、個性溢れるメンバーからなるチームの力が結晶化する瞬間でもあります。その過程全体が、社会調査実習の醍醐味です。

 私自身、昨年度(2021年度)の実習を久々に担当して、15名の実習生とのコラボレーションを経験しました。昨年度は、コロナ禍でオンラインの実習授業が大半を占め、調査のためにどこかのフィールドに出かけること自体が大きな制約を受けました。それでも、実習生たちの柔軟な挑戦と熱意によって、そして協力者に恵まれて、オンラインインタビュー調査が実現できました。そこから多くの重要な情報を得ました。予定通りに進行しない現実と格闘する調査実習ならではの、結晶化の醍醐味を味わいました。

 果たして自分にそれができるだろうか、と迷っている2年生のあなた。勇気を出して、一歩前に踏み出してみてしてください。その小さな勇気が大きな学びと成長をもたらします。明治学院の第1期生である島崎藤村が、後輩たち(皆さんのことです)に贈った言葉を思い出しましょう。

 「眼さめよ 起てよ 畏るるなかれ」

今年度(2022年)の実習クラスとテーマ

クラス テーマ
飯野智子クラス ダイバーシティ、ジェンダー、女性学、男性学という領域で、現代社会におけるジェンダーおよびセクシュアリティに関する問題を扱う。①恋愛、結婚、労働におけるダイバーシティ推進の試み ②セクシュアリティ表現と商品化の多様性 ③変わりゆく男性
春日清孝クラス 地域活性化 と「教育」の 取り組み -「 SDGs 」を切り口として-
佐藤正晴クラス タレ ント とメディアの関係についての調査研究-イメージ戦略とプロモーションを中心に
林雄亮クラス 「 コロナ 禍 ウィズコロナ、 ポストコロナ 時代 の 人々の 日常生活と 社会意識 」を 大きな テーマとし、 受講生 が サブテーマ 例 ジェンダー、 働き方、 余暇 活動 、 ライフスタイル 、 価値 意識 など を 設定する。
渡部沙織クラス 人々 の 健康 や 身体 に 関する 意識 、 医療や福祉 の 政策 、 遺伝 や 生殖 医療 に 関する実践と 葛藤 、 ジェンダーや セクシュアリティ と 医療 の 関係 など 、 医療 社会学 の質的 研究 が 扱う 多様な テーマ を 取り上げる。

※実習テーマは今後変更になることがあります。

過去の実習

これまでの実習については、過去5年過分(2016年度~2020年度)の情報を掲載しております。
2021年度へ 2020年度へ 2019年度へ 2018年度へ 2017年度へ 

2021年度

2021年度報告書

 
クラス テーマ
春日清孝実習 地域課題の解決を目指した地方公共団体の取り組み
加藤宏実習 コロナ禍における恋愛事情
品田知美実習 新型コロナウィルス禍の親子生活
野沢慎司実習 職業生活と「親」との間 --コロナ禍における職業・家族・ネットワーク
松波康男実習 東京都城南地区に観られるイスラーム関連施設と諸実践
;日本ムスリム協会、マスジット・インドネシアの諸活動および、明治学院大学におけるハラールの取り組みについて
渡部沙織実習 SDGsと地域の課題 --多様なステークホルダーのSDGs実践に関する質的調査

2020年度

2020年度報告書

クラス テーマ
飯野智子実習 ジェンダーを超えてー多様性への取り組み
加藤宏実習 コロナ禍における表現文化・趣味文化の変容
佐藤正晴実習 メディア・スタディーズ-テレビ番組の内容分析とコミュニケーション
品田知美実習 オーガニック農業に取り組む若年世代の意識
半澤誠司実習 アートイベントと地域の関係性
水谷史男実習 地方都市商店街の現状とコロナ禍の影響 
―山形県酒田市を事例として― 

2019年度

2019年度報告書

クラス テーマ
飯野智子実習 セクシュアリティの多様性--自認と表現
石原英樹実習 都市における商店街の役割~変わりつつある吉祥寺・高円寺・下北沢をフィールドとして~
加藤宏実習 YouTubeの現在
鬼頭美江実習 大学生の学習意欲は低下するのか? (2)
-大学4年間における学習意欲の変化と学習意欲を予測する要因の検討-
品田知美実習 オーガニックな食の提供にかかわる人々の意識と実践
菅野摂子実習 大学生のジェンダー意識と男性の育児休暇取得に対する考え方
水谷史男実習 地方都市の商店街における活性化の可能性
~山形県鶴岡市を事例として~

2018年度

2018年度報告書

クラス テーマ
飯野智子実習 ジェンダー、女性学、男性学という領域で、現代社会におけるジェンダーおよびセクシュアリティに関する問題
石川雅典実習 地域自治の仕組みづくりについて考える
石原英樹実習 地域社会の居場所づくり、まちづくり
水谷史男実習 アート活動と地域社会
元森絵里子実習 子どもの育ち(遊びや学び)と地域住民・自治体の関わりに関する社会学的調査
吉田優貴実習 老齢世帯・若年世帯が共に生活する現代の団地コミュニティに関する人類学的研究
渡辺雅子実習 とげぬき地蔵と巣鴨地蔵通商店街――「おばあちゃんの原宿」でフィールドワークする

2017年度

2017年度報告書

クラス テーマ
石川雅典実習 平成の編入合併沿岸漁村における合併後の諸変化と課題ならびに地方自治の可能性と条件 ~函館市椴法華地区の事例~
加藤宏実習 サブカルチャーと東京 ~フィールドワークとインタビューから~
鬼頭美江実習 大学生の学習意欲は低下するのか? -大学1年前期における学習意欲を予測する要因の検証
水谷史男実習 地方におけるアート活動と文化の活力
~富山市八尾町における「おわら」、盛岡市における演劇を事例に~
元森絵里子実習 港区のプレーパーク ―その成り立ちと今後の課題
吉田優貴実習 小平団地の人類学的研究2017:自民族誌的報告

社会学部生のための手引き集

学びのガイド

社会学科・社会福祉学科の情報を発信しています。