明治学院大学社会学部MENU

実習

社会福祉の第一線での実習を通して専門職としての基礎を身につけます。

社会福祉学は、社会の現場から生まれた実践の学と言ってもいいでしょう。 ですから、他分野の学問以上に実践の場での学びが重要になります。 このため社会福祉学科では、「演習」や「実習」を重視し、2年次から取り組んでいます。 「実習」では、社会福祉の第一線の機関である社会福祉事務所や、老人福祉施設、障害児・者施設、病院などで1週間から4週間、職員とともに利用者に接し、専門職の基礎を実体験します。 実習の現場では、それまでに学んできたことを検証するとともに、人間の権利とは、人としての尊厳とは、何らかの支援を必要とする人々の生活の実態とは、などの答え探しをする貴重な機会となることでしょう。