明治学院大学社会学部MENU

日々の社会学科

渡辺ゼミは9月17日~19日にかけて、ラフォーレ那須でゼミ合宿をおこないました!

『二十歳のころ』という文献を用いて合宿中に勉強を行いました。この文献は、1937-58年に20歳のころを生きた有名、無名様々な人の軌跡をまとめたものです。各自が割り当てられた人物を、事前に作成した分析シートを使って、20歳の頃の出来事と転機になったこと、現代の20代へのメッセージなどを一定の書式に従ってまとめました。それらを合宿中にさらに分類し、傾向や特徴が見られないかをグループに分かれて分析を行いました。

今回取り上げた人物34名、様々な人生を送っていました。その中で特に大きな影響力を与えていたのは戦争で、体験した人から直接出た言葉で読む戦争体験は、とても衝撃的でした。人生を分析するというライフヒストリーらしいゼミ合宿を展開できたと思います。

今回の合宿は4年生の先輩方との合同のゼミ合宿だったので、学年の垣根を越えて先輩方とも親交を深める事ができました。2日目の午後には、南ヶ丘牧場へと遊びに行き、各々で牧場を楽しみました。ソフトクリームがとても美味しかったです。また、そのあと体育館でスポーツも楽しみました。

このゼミ合宿でメンバー同士の仲も深まり、勉強の技術も磨く事ができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。

この経験を今後のゼミ活動に活かして行きたいと思います。

(3年 佐藤 毬)

201809S__13975879.jpg
学生が各々作成した分析シートを使って勉強を行いました。

201809S__13975877.jpg
南が丘牧場での集合写真

201809S__13975878.jpg
体育館で、卓球やバドミントン、球技を楽しみました。