明治学院大学社会学部MENU

坂口 緑

Midori Sakaguchi
教員紹介プロフィール写真
7-1109(ヘボン館11階)
-
midorisa@soc.meijigakuin.ac.jp
-

近年の研究テーマ

いま取り組んでいる研究テーマは三つあります。一つめは、生涯学習の公共性についてです。学校教育以外の領域における様々な形態の学習機会を、なぜ社会が支える必要があるのかという問題です。答えを見つけるとまたすぐにそれが次の問いへとつながるので、なかなか終わりが見えません。二つめは、コミュニタリアニズムの教育論です。人間が孤立した原子ではなく共同性に根ざした存在だと前提すると、どのような社会が可能になるのかを考えています。関連して連帯と共同性の違いについても考えています。三つめは、ボランティア活動と市民社会の関係です。ボランティア活動やNPOといった活動は社会のなかでどのような位置を占めているのか、それがどのような意味をもつのかという点に関心があります。番外として、ワークライフバランスについての勉強も始めました。研究テーマというよりも、今のところ当事者として悩んでいるというほうが正しいかもしれません。個人的な悩みがどこまで普遍的な問題につながるのか慎重に調べながら、国内外の議論をチェックしています。

担当授業

学部担当授業

  • アカデミックリテラシー
  • 社会教育演習1
  • 社会教育演習2
  • 生涯学習概論A
  • 生涯学習概論B

大学院担当授業

  • 研究指導
  • 市民社会論研究2A
  • 市民社会論研究2B
  • 研究指導(市民社会論研究)

主な業績

著書

  1. 田中雅文・坂口緑・柴田彩千子・宮地宜孝編『テキスト生涯学習』学文社2016年
  2. 「ボランティア活動の歴史と原理」『ボランティア活動をデザインする』学文社2013年
  3. 「社会教育における学習プログラム」『社会教育計画の基礎(新版)』学文社2012年
  4. 「学校、コミュニティ、ボランティア──なぜ人格形成を重視するのか」『コミュニタリアニズムのフロンティア』勁草書房2012年
  5. 「承認をめぐる教育──認め合う関係はいかにして紡がれるか」『政治の発見つながる』風行社2010年

論文

  1. 「公益活動と自発的結社──市民社会の30年を考える『社会教育』2016年12月号18-23頁
  2. 「新しい市民大学の系譜と類型」『日本生涯教育学会論集・37』2016年13-22頁
  3. 「ソーシャル系大学とは何か──市民大学の系譜から見る「シブヤ大学」」『社会教育』2015年5月号 44-52頁
  4. 「OECD『国際成人力調査』の概要と日本の成人力」『日本生涯教育学会年報』第36号2015年141-150頁
  5. 「デンマーク・ボランタリーセクターに対する役割期待──福祉国家の再編がもたらす影響」国際ボランティア学会『ボランティア学研究』第12号2012年7月

その他

  1. 「ソーシャル系大学案内」『ソトコト』木楽舎(2012年7月-現在)
  2. アーリー・ホックシールド『タイム・バインド』明石書店2012年(共訳)
  3. マイケル・サンデル『民主政の不満──公共哲学を求めるアメリカ』勁草書房2011年(共訳)

社会的活動

  • 日本生涯教育学会常任理事(2013年-現在)
  • 生涯学習社会研究機構理事(2011年-現在)
  • 文京アカデミー学習推進委員(2000年-現在)

メッセージ

学生のときに聴いた音楽、読んだ本、見た映画、心を動かした出来事によって、現在の私の大部分ができあがっているように思います。思いこみで出かけたデンマーク留学も、いつかポール・ウェラーに会った時に困らないようにと始めた英語の勉強も、なりゆきで関わった第三世界ショップでのボランティア活動も、その後の世界をぐんと広げてくれました。みなさんが学生時代に糧となる出会いをたくさん経験できますように。

ゼミ紹介

ゼミの紹介へ

ゼミの内容

2017年度のゼミではコミュニティについて学びます。今年はできるだけ論文を読み、議論し、考えるというゼミを運営してみたいです。そして、議論から生まれたアイデアを元に、都内のイベントや生涯学習関連施設等に見学に出かけたり、ゲストを招いたりといった小さな企画を実現させたいです。せっかく東京の真ん中にある大学なので、街のあちこちに出かけていきたいです。「内なる国際化」プロジェクトにも積極的に参加したいです。

ゼミ合宿@大阪(2016年12月)

2016年12月26日から1泊2日で大阪ゼミ合宿に出かけました。年末だったので参加者は少なかったのですが、大阪市内2カ所の就労支援施設(ハローライフ、A'創造館)、NPO、まちづくりの現場、ソーシャル系市民大学の関係者一同とご一緒し、貴重なお話をうかがいました。

_0014877.jpg
IMG_0977.jpeg