明治学院大学社会学部MENU

佐藤 正晴

Masaharu Sato
教員紹介プロフィール写真
7-1112(ヘボン館11階)
-
msato(at)soc.meijigakuin.ac.jp   (at)は@に入れ替えてください。
-

近年の研究テーマ

「20世紀日本のメディア文化史」

20世紀日本(特にアジア・太平洋戦争以降)の大衆文化・ポピュラー文化・娯楽・芸能について放送・出版・広告の観点から研究しています。アジア・太平洋戦争期以後に日本へ入ってきたアメリカ文化は日本の大衆文化に大きな影響を与えました。アメリカの影響を受けた日本が徐々に独自のメディア文化を形成していく過程が現在の研究テーマです。アメリカの1950年代から1960年代のテレビ番組が、同時期の日本のテレビ文化に与えた影響を主に考察しています。

担当授業

学部担当授業

  • メディア史/メディア史A
  • メディア社会論/メディア史B
  • 演習1
  • 演習2(卒業論文)
  • 質的データ分析
  • アカデミックリテラシー(社会学科)

大学院担当授業

  • メディア社会学研究2A
  • メディア社会学研究2B
  • 研究指導
  • 研究指導(メディア社会学研究)

主な業績

著書

  1. 第16章「職業としてのジャーナリスト、その労働者市場」田村紀雄/林利隆編(1999)『新版ジャーナリズムを学ぶ人のために』(世界思想社)
  2. 第4章「言論・表現の自由史」田村紀雄/林利隆/大井眞二編(2004)『現代ジャーナリズムを学ぶ人のために』(世界思想社)

論文

  1. 「戦時下日本の対外宣伝における『黒人工作』」『マス・コミュニケーション研究』No.46(1995)
  2. 「戦時下日本の南方占領と新聞キャンペーン」『年報社会学論集』第11号(1998)
  3. 共同執筆"Negro Propaganda Operations':Japan's short-wave radio broadcasts for World War Ⅱ Black Americans"Historical Journal of Film,Radio,and Television, Vol,19,No.1,[1999]
  4. 「90年代の近代出版史研究」『出版研究』31号(2001)
  5. 共同執筆"Digesting Postwar Japanese Media" Diplomatic History The Journal of  the Society for Historians of American Foreign Relations ,Volume 29 Number 1(2005)
  6. 「1950年代アメリカのテレビ番組が描いた家族像」『明治学院大学 社会学・社会福祉学研究』126号(2007)
  7. 「戦後日本における『料理番組』-1950年代の『奥様手帖』を中心に-」『比較文化研究』93号(2010)
  8. 「戦後日本の食とメディア-第五福龍丸被災報道を事例として-」『比較文化研究』98号(2011)
  9. 「1950年代の日本の食と新聞報道-「森永ヒ素ミルク中毒事件」を中心として-」『比較文化研究』113号(2014)
  10. 「スーパーマーケットの誕生に関する社会学的考察-メディアとの関係性を中心に-」『明治学院大学 社会学・社会福祉学研究』146号(2016)
  11. 1950年代の森永株式会社の広報とメディア―「森永ヒ素ミルク中毒事件」との関係を中心に―『明治学院大学 社会学・社会福祉学研究』147号(2017)

その他

  1. 『メディア用語を学ぶ人のために』(総論分野「戦時宣伝」項目執筆)世界思想社(1999)
  2. 『メディア用語基本事典』(メディア一般「戦時宣伝」項目執筆)世界思想社(2011)

社会的活動

  • 栃木県下都賀郡野木町情報公開制度運営審議会副会長(2016年~現在に至る)
  • 日本マスコミュニケーション学会メディア史研究部会幹事(2001年6月~2003年5月)

メッセージ

◆受験生の皆さんへ

全国的にみて明治学院大学社会学科ほど社会学に関する専門科目が充実している社会学科はなかなかありません。ぜひ入学して多くの講義・演習の中からたくさんの刺激をうけてください。

◆在校生の皆さんへ

大学生活はバイト・サークル(部活)、友人関係、恋人関係が充実していて、卒業後に納得いく進路にすすめればそこそこ楽しいものになるでしょう。そこにゼミをはじめとする社会学の学びを加えてもらえれば幸いです。

◆卒業生の皆さんへ

卒業生に社会人生活と大学生活を比較してもらうと「大学生活の方が楽しかった」という答えが圧倒的に多いです。私自身が皆さんの楽しかった大学生活の「インデックス」のひとつになれればいいなあと思っています。

ゼミ紹介

ゼミの紹介へ