明治学院大学社会学部MENU

加藤ゼミ

加藤 秀一(専攻領域:ジェンダーとセクシュアリティの社会学)

教員紹介ページへ

〈身体〉としての女性/男性

テーマの説明

日本語の「性」や「性別」に関係する現象は幅広い。そもそも、ひとりの人が女であるとか男であるとかいうことが何を意味するのからして、きわめて社会学的なテーマである。それは単に肉体の作りで決まるような話ではないのだ。さらに、そこから性愛や恋愛の規範、家族・学校・労働といったさまざまな場における性別役割や性差別、性暴力やDVといったさまざまな暴力も派生してくる。人間にかかわる話題の中で「性」とは無関係のものを見つけることは不可能だと言ってもよいぐらいだ。

そのような複雑な「性」現象を探索するための手がかりとして、今年度は、「女性と男性の〈身体〉がどのように社会によって意味づけられているか」という問いを立て、さまざまな素材を分析してみたい。

使用テキスト・参考書・論文等
  1. 演習1は3年次以上の学生のための「専門」科目なのだから、ジェンダー論、セクシュアリティ論、フェミニズム理論などの入門書はあらかじめ読んでおくこと。具体的には、①加藤秀一『ジェンダー入門』(朝日新聞社)、②加藤秀一・海老原暁子・石田仁『図解雑学 ジェンダー』(ナツメ社)の2冊は必読。

  2. 春学期のテキストとしては、最初は金井淑子編『身体とアイデンティティ・トラブル』、荻野美穂『女のからだ:フェミニズム以後』といった比較的すぐに読める概説的な本を読み、その後は、より手応えのある研究書から数点を選んで精読する予定。研究対象は〈身体〉が問題になるあらゆる領域、すなわち芸術、マスメディア、スポーツ、労働現場(たとえばマタニティ・ハラスメント!)等々に及ぶはずである。
ゼミの進め方・ゼミ合宿など
  1. どんな分野のどんな勉強や仕事をしていくにも、土台になるのは、テキスト(文章)をしっかり読む力である。他人の言葉と向き合い、自分の内側にはなかった別の発想や思考とじっくりつきあうことこそが、現実のものごとの意味を深く理解することにつながるのである。

    しかし実際には、「書かれていることを、書かれている通りに読む」という基礎的なことができない人が驚くほど多い。抽象度の高い文章を読むときは、まずその論旨をつかんだ上で、そこに書かれてあることがどういう具体的な事柄に対応するのかをつねに考え、さらに必要なデータや資料を自分で調べて補うといった能動的な読み方が必要だし、反対に、ひたすら具体的なデータが羅列されるような文章、典型的にはインタビュー記録や、意識調査などの結果(統計データ)の意味をしっかりつかむには、そこから何を取り出すかという問題意識や仮説をもって読まなければならない。こうした読む力を鍛えることがこのゼミの最大の目標である。そこに向かって、手応えのあるテキストを読み、関連事項を調べ、人前で発表し、参加者全員で問題点や疑問を提示しあい議論する、という一連の作業を繰り返す。

  2. 授業外の課題として、毎月2冊の本(ジャンルは社会学、哲学、社会思想、経済学、歴史学、文学研究、など)を読んで、それぞれにつき800字程度の紹介・批評を書いてもらう。レポートは添削して返却する。出版社に就職した卒業生諸君に会うと「読書レポートは大変だったが非常にためになった」と言ってくれるので、僕の方も大変なのだが今年も継続したい。大学生のくせに読書が嫌いなどという人はお断わり。

  3. 夏休みの終わり頃にゼミ合宿を行なう。毎年、サークル活動などを優先して欠席する人がいるが、なるべくそういうことはないようにしてもらいたい。

  4. 年度末に自由テーマの「ゼミ論文」を提出してもらう(10000~12000字)。これは学年末試験に代わるものであり、平常点とともに、単位取得のための必須条件である。