明治学院大学社会学部MENU

藤川 賢

Ken Fujikawa
教員紹介プロフィール写真
7-1001(ヘボン館10階)
-
fujikawa@soc.meijigakuin.ac.jp
-

近年の研究テーマ

地域格差などにかかわる環境問題を中心に勉強しています。公害が差別を生むのではなく、差別が公害を生んだのだという言葉があるように、環境問題はさまざまな格差と深くかかわっており、それはグローバル化の中でより深刻化しているように見えます。それについて、国内外の公害発生地域における地域復興、廃棄物問題委への対策、過疎化する地域でのコミュニティの維持など、多方面から事例を追うことで、問題解決過程における共通点と相違点、解決と放置を分けるものなどを明らかにすることをめざしています。

近年は、福島原発事故後の地域生活の再建について考える機会が増えてきました。歴史的経緯や汚染の度合いなど条件もさまざまなのですが、その多様さの中にも、やはり過去の環境汚染問題で見られた課題が再び立ち現れているようです。それにたいして、広島・長崎以来の、あるいは足尾・水俣・神通川など以来の経験をどう福島に活かせるのか、また、福島の経験をどう将来につなげていけばよいのか、ということが当面の宿題になっています。

担当授業

学部担当授業

  • 演習1
  • 演習2
  • 環境社会学/環境社会学A
  • 地域環境論/環境社会学B
  • 専門書講読
  • 専門書講読(外)
  • 社会学基礎演習

大学院担当授業

  • 研究指導
  • 環境社会学研究2A
  • 環境社会学研究2B
  • 研究指導(環境社会学研究)

主な業績

著書

  1. 舩橋晴駿、編『講座環境社会学2・加害被害と解決過程』「産業廃棄物問題-香川県豊島事件の教訓」担当、有斐閣、2001年
  2. 飯島伸子、編『廃棄物問題の環境社会学的研究』「産業廃棄物をめぐる地域格差と地方自治」担当、東京都立大学出版会、2001年
  3. 飯島伸子、渡辺伸一、藤川賢、共著『公害被害放置の社会学』、東信堂、2007年
  4. 畑明郎、杉本裕明、編『廃棄物列島・日本』「一九九〇年代以降の廃棄物問題」担当、世界思想社、2009年
  5. 畑明郎、編『深刻化する土壌汚染』「イタイイタイ病裁判後の住民運動とその普遍的意味」他担当、世界思想社、2011年

論文

  1. 「遺伝子組換え作物をめぐる議論の変遷と社会的受容」『明治学院大学社会学部付属研究所年報』33:213-226、2003年
  2. 「Indigenous Health Problems in Remote Australia」『明治学院社会学・社会福祉学研究』119:1-31、2005年
  3. 「公害被害放置の諸要因-イタイイタイ病発見の遅れと現在に続く被害」『環境社会学研究』11:103-116、2005年
  4. 「福島原発事故における被害構造とその特徴」『環境社会学研究』18:45‐59、2012年
  5. 「福島原発事故における被害の拡大過程と地域社会」『環境と公害』44巻1号、35-40、2014年

その他

  1. (共著)渡辺伸一代表『イタイイタイ病およびカドミウム中毒の被害と社会的影響に関わる環境社会学的研究』(科研費報告書)2004年
  2. (項目担当、編集補助)『環境事典』旬報社、2008年
  3. (項目担当、編集補助)『環境総合年表-日本と世界』すいれん舎、2010年
  4. (共著)『地域における公害経験の社会的活用に関する比較研究』(科研費中間報告書)2011年
  5. (項目担当編集補助)「A General World Environmental Chronology」Suirensha

メッセージ

東日本大震災と原発事故は、研究領域ともかかわることだけに、私ごときに何かができたはずもないことを承知の上で、被害をお受けになった皆さまに申し訳ないような、いたたまれない思いを感じております。多くの方々にご苦労や心配が続くことを考えると、その思いは強まります。

せめて、これから長く続く問題や被害や取り組みについて、忘れないように伝えながら、少しでもともに考えていけるよう努めたいと存じます。

ゼミ紹介

ゼミの紹介へ

*テーマの説明

多くの環境問題は、人とのつながりの中でこそ考えるべき課題をもっています。たとえば安全な水や食物を確保する際にも「自分の」安全や関心だけを満足させることは困難です。それらは、「私たちの」課題としても捉えられることで環境問題として成り立っているのだと考えられます。そういう意味で、環境について考えることは、「私たち」という範囲をどのように捉えるかという主題にも通じるものです。

こうした関係性は、家族や地域、国家といった古典的な集団から、世代や階層、活動や関心を共有する集団、消費者といったような分類など、多様な範疇について想定しうるものであり、現実にもそうした呼びかけを耳にします。国際企業による画一的な世界市場化にたいする「もう一つのグローバリズム」といった主張も、その一つでしょう。環境問題に関しては、むしろ別の地域や社会との関係が主題にあがってくることが多いようです。

そこで、このゼミでは、地域や環境に関する具体的なテーマを追求しながら、私たち自身と遠近さまざまな社会との関係を探っていきたいと考えています。消費者、生活者、市民、個人など、いろいろな言葉で表される私たちの位置を見直し、そこから社会的な活動につなげていければうれしいです。

具体的なテーマは相談して決めます。この数年は、いくつかの小グループに分かれて「身近でユニークな環境活動」「石垣島の自然保護と観光開発」「森林と都市をつなげる」「日光のサルと農業被害」等々のテーマで調査や考察を行い、その報告を受けて全体で議論することが多かったです。

*主要な参考文献

  • 飯島 伸子  『環境社会学のすすめ』 丸善
  • 嘉田 由紀子 『環境社会学』 岩波書店
  • 鳥越・帯谷編 『よくわかる環境社会学』 ミネルヴァ書房
  • ヴォルフガング・ザックス編 『脱「開発」の時代』 晶文社
  • ウルリッヒ・ベック 『危険社会』 法政大学出版会
  • King & McCarthy ed Environmental Sociology Rowman & Littlefield
  • Spaargaren et al Governing Environmental Flows MIT Press
  • Roger S. Gottlieb The Ecological Community Routledge

*ゼミのすすめ方・ゼミ合宿・ゼミ雑誌などの状況

合宿や調査企画などについては、相談しながら決めていきます。

学年末に、一人あたりA4(40字×40行)で10枚程度の報告ないしレポートを提出してもらう予定です。例年それをもとにゼミ論集を作成しています。

教員紹介プロフィール写真

教員紹介プロフィール写真