明治学院大学社会学部MENU

石原 俊

Shun Ishihara
教員紹介プロフィール写真
1-0712(本館7階)
取材等はEメールにてご連絡いただいたほうが迅速です
ishihara@soc.meijigakuin.ac.jp
-

近年の研究テーマ

1 島嶼社会・海洋世界からの近代日本の再定位

19世紀から現代にいたるグローバルリゼーションと植民地主義の展開のなかで、島嶼社会や海洋世界を拠点に生きる人びとが、世界市場・主権国家・国民国家・近代法といった近代的な諸システムの力に巻き込まれながら、どのように生きぬいてきたのかを、文献資料調査とインタヴュー調査に基づいて考察・叙述してきました。これまでの狭い意味での研究対象は、近代日本国家に併合された南方の離島、特に小笠原群島・硫黄列島とその関係諸地域です。そのまとまった成果として、『近代日本と小笠原諸島――移動民の島々と帝国』(平凡社 2007年)、『<群島>の歴史社会学――小笠原諸島・硫黄島、日本・アメリカ、そして太平洋世界』 (弘文堂:現代社会学ライブラリー12 2013年)などがあります。

2 移動民の系譜学

1のテーマの方法論的側面ともいえますが、市場・国家・法など近代システムの<波打ち際>で生きる移動民の経験を捉えうる、社会理論や社会史的視座の構築を目指しています。また、海洋労働者や海賊の社会史、島嶼民の移動や越境、離島の開発や自律といった諸問題にも関心があります。そのまとまった成果として、「戦争機械/女の交換/資本主義国家――ノマドとレヴィ=ストロース」(『KAWADE 道の手帖 レヴィ=ストロース――入門のために 神話の彼方へ』河出書房新社 2010年)、「<島>をめぐる方法の苦闘――同時代史とわたりあう宮本常一」(『現代思想』2011年11月臨時増刊号)などがあります。

3 現代日本社会の歴史社会学的診断

こちらは専門的研究というよりは、副業というべきテーマです。現代日本社会の歴史的な位相を、ポストコロニアル状況、ポスト冷戦状況、グローバリズムといった観点から捉える、一種の時評的な作業です。そのとりあえずの成果として、『殺すこと/殺されることへの感度――2009年からみる日本社会のゆくえ』(東信堂 2010年)、「大学の<自治>の何を守るのか――あるいは<自由>の再構築にむけて」(『現代思想』2014年10月号)などがあります。

担当授業

学部担当授業

  • 演習1
  • 演習2
  • コース演習
  • 質的データ分析
  • グローバリゼーション論
  • ポストコロニアル論

大学院担当授業

  • 歴史社会学研究 1A
  • 歴史社会学研究 1B
  • 研究指導

主な業績

単著

  1. 『近代日本と小笠原諸島――移動民の島々と帝国』(平凡社、2007年)
    →第7回日本社会学会奨励賞【著書の部】受賞作
  2. 『殺すこと/殺されることへの感度――2009年からみる日本社会のゆくえ』(東信堂 2010年)
  3. 『<群島>の歴史社会学――小笠原諸島・硫黄島、日本・アメリカ、そして太平洋世界』 (弘文堂:現代社会学ライブラリー12 2013年)
  4. 『群島と大学――冷戦ガラパゴスを超えて』(共和国 2017年)

編著

  1. 『戦争社会学の構想――制度・体験・メディア』(福間良明、野上 元、蘭 信三との共編 勉誠出版 2013年)

監修

  1. 『硫黄島クロニクル――島民の運命(さだめ)』(全国硫黄島島民の会編 2016年)

共著

  1. 「日常のなかの戦場動員」「戦場と住民」「日本の戦争責任」『戦争社会学ブックガイド――現代世界を読み解く132冊』(野上 元、福間良明 編 創元社 2012年)
  2. 「国民国家の形成――ベネディクト・アンダーソン『想像の共同体』」『社会学ベーシックス 9巻――政治・権力・公共性』(井上 俊、伊藤公雄 編 世界思想社 2011年)
  3. 「歴史で社会学する――歴史社会学、あるいは近代を縁から折り返す方法」『社会学入門』(塩原良和、竹ノ下弘久 編 弘文堂 2010年)
  4. 「戦争機械/女の交換/資本主義国家――ノマドとレヴィ=ストロース」『KAWADE 道の手帖 レヴィ=ストロース――入門のために 神話の彼方へ』(河出書房新社 2010年)
  5. 「市場・群島・国家――太平洋世界/小笠原諸島/帝国日本」『グローバリゼーションと植民地主義』(西川長夫、高橋秀寿 編 人文書院 2009年)

論文

  1. 「解除されない強制疎開――「戦後70年」の硫黄島旧島民」(『現代思想』43巻12号 特集:戦後70年 青土社 2015年)
  2. 「大学の<自治>の何を守るのか――あるいは<自由>の再構築にむけて」(『現代思想』42巻14号 特集:大学崩壊 青土社 2014年)
  3. 「<島>をめぐる方法の苦闘――同時代史とわたりあう宮本常一」(『現代思想』39巻15号 総特集:宮本常一――生活へのまなざし 青土社 2011年)
  4. 「小笠原諸島の近代経験と日本」(『科学』948号 特集:島に生きる――世界遺産の小笠原から日本へ 岩波書店 2011年)
  5. 「Becoming Pirates――海の近代の系譜学へ」(『現代思想』39巻10号 特集:海賊――洋上のユートピア 青土社 2011年)
  6. そこに社会があった――硫黄島の地上戦と<島民>たち」(『Mobile Society Review 未来心理』15号 特集:伝達再考 NTTドコモ・モバイル社会研究所 2009年)
  7. 「移動民と文明国のはざまから――ジョン万次郎と船乗りの島々」(『思想』990号 岩波書店 2006年)

報道・その他

学会活動・社会活動

  • 戦争社会学研究会編集委員(2016年4月から)
  • 日本社会学会専門委員(2016年4月から)
  • 関西社会学会専門委員(2016年6月から)
  • 国立歴史民俗博物館総合展示第5・6室リニューアル委員会 委員(2014年4月から)
  • 日本社会学会学会賞選考委員(2013年1月から2014年11月まで)
  • 関東社会学会編集委員(2011年10月から2013年6月まで)
  • 東京都小笠原村陸域ガイド講習プログラム(「歴史・文化」分野)講師(2010年10月から)
  • 関東社会学会専門審査委員(2010年1月から3月まで)
  • 戦争社会学研究会運営委員(2009年9月から2014年3月まで)

メッセージ

大学生の4年間は<自由>です。このことにめいっぱい開き直り、思いきり本やマンガを読んだり、映画を観たり、旅行をしたり、語り合ったり、予想もしなかったものを生み出したり、サークル活動をしたり、社会運動をしたり、好きなことをしてください。

みなさんの多くは、このけっして学費が安くない都心の私立大学に合格・在学できるだけの経済的・社会的・文化的資源を、親や周囲の人たちから移転されてきた立場です(なかにはアルバイトで学費や生活費までをも工面している「苦学生」もいるでしょうが、この世界においては現在でも大学に進学できる立場にいること自体が特権的です)。この恵まれた立場を最大限活かす道は、上のようなまなざしを内面化して自分が<自由>であることに萎縮し、<不自由>な「社会人予備軍」になってしまうことではなく、現在のグローバル社会のなかで自分が置かれている特権的な環境につねに自覚的でありながら、<自由>であることを享受し善用することなのだと思います。

おもしろい学生生活を!

ゼミ紹介

ゼミの紹介へ

石原ゼミの演習1(3年生)では,学生の自主的な学習を重んじるという観点から,宿題という形では多くを課しません。この点では,石原ゼミは明学社会学科のなかで,かなり「楽な」部類に属するのではないでしょうか。

その反面,授業中にはきわめて緊張度の高い集中と思考が要求されます。春学期はテキストの輪読がメインですが,質問などへの対応はすべて報告者(レジメ作成者)の責任で進められます。必要最小限の事項の説明や論点の提示以外,教員である石原が報告者に代わって質問に答えてあげるということはありません。石原が解説を加えるのは,授業の最後のほうになってから。毎回90分(実際にはしばしば延長となり120分を超えることもある)が終わると,報告者はヘトヘトになっています。こうした点では,石原ゼミは明学社会学科のなかで,かなり「厳しい」ほうなのかもしれません。

2016年度は,ゼミ生に<社会科学的なリクツをこねる力>と<国家や通史の枠組みに囚われない歴史感覚>を養ってもらう目的で,春学期は,上野成利『思考のフロンティア 暴力』(岩波書店,2006年)などを輪読しました。

石原ゼミの演習2(4年生)は卒業論文指導が中心です。2014年度の卒論の論題は次のようなものです。このうち、加藤美春「沖縄戦における集団自決と援護法――戦傷病者戦没者遺族等援護法の適用と運用の実態」が社会学部長賞「最優秀賞」に、藤森茉莉「スリランカの医療からみる近代医療と伝統医療の共存のあり方」が社会学科奨励賞に輝きました!(15・16年度は演習2の開講なし)

・沖縄戦における集団自決と援護法――戦傷病者戦没者遺族等援護法の適用と運用の実態
・スリランカの医療からみる近代医療と伝統医療の共存のあり方
・ポスト朝鮮戦争期の韓国から日本への「密航」
・韓国における日本軍慰安婦運動の歴史的評価に関する一考察――挺対協の活動を中心に
・屋久島におけるエコツーリズムの現状と課題――ツアーガイドへのインタビュー調査から
・消えない遊園地――荒川区立あらかわ遊園の歴史と現在
・東京都母子生活支援施設における支援の実態――3施設へのインタビューから
・現代日本の共働き家庭における女性の状況と民間子育てサポートの模索――スリール株式会社によるワーク&ライフインターン事業の実践から
・就職活動における大卒予定者の行動様式とキャリア教育の連関――2大学におけるインタビュー調査から
・人権教育としての同和教育の模索――埼玉県北部の中等教育現場における事例から
・近くから見た在特会――脱会者とカウンター参加者の視点から
・インドシナ難民支援から在日外国人支援へ――社会福祉法人さぽうと21を事例に
・日本で暮らすムスリムにとってモスクとはなにか――東京ジャーミイからみるその宗教生活
・シェルビー・スティールの公民権観の変遷
(石 原  俊)