明治学院大学社会学部MENU

明石 留美子

Rumiko K. Akashi
教員紹介プロフィール写真
本館7階 0706号室
-
-

| 社会福祉学とはなにかへ |

 

専門領域およびその概要

専門領域と概要

研究テーマは人々のウェルビーイング(幸福です)。人々がウェルビーイングを維持し、高めるためには何が必要でしょうか。高齢者、被災者、子ども、開発途上国の人々、学生など、多様な人々のウェルビーイングの探求を研究のミッションとしています。

近年の研究テーマ

  • 国際福祉:開発途上国で福祉的支援のあり方について質的調査を行ってきました。今後は、BOP(Base of Economic Pyramid)ビジネスや開発途上国からイノベーションを起こすリバース・イノベーションについても研究していきたいと考えています。
  • 災害と福祉:東日本大震災の被災地での調査に加え、災害時を地域住民が自助・共助で乗り切るための災害への備えについて研究を進めています。
  • ウェルビーイング:女性の社会進出を推進する日本、パートタイマー率が世界でもっとも高いオランダ、女性の管理職の多いアメリカを対象に、女性のウェルビーイングとワーク・ライフ・バランスの研究に取り組んでいます。

担当授業

学部担当授業

  • 福祉開発フィールドワーク
  • 演習1
  • 演習2
  • 福祉開発概論
  • 国際福祉論2
  • Social Welfare in English
  • 福祉開発の理解

大学院担当授業

  • 研究指導1
  • 研究指導2
  • 研究指導 (福祉開発研究)
  • 福祉開発論研究A
  • 福祉開発論研究B

※詳細はシラバスをご覧ください

担当授業での使用テキスト・参考文献

  • ジャン・ジグレール著 たかおまゆみ訳 勝俣誠監訳『世界の半分が飢えるのはなぜ?』合同出版
  • アラン・マーレイ著 小野由美子監訳 高橋璃子訳(2013)『ウォール・ストリート・ジャーナル:ザ・マネージメント:世界標準のリーダーの条件』かんき出版
  • 平本督太郎、松尾未亜、木原裕子、小林慎和、川越慶太(2010)『BoPビジネス戦略―新興国・途上国市場で何が起こっているか』東洋経済新報社

研究実績

  • 明石留美子(2014)「国際福祉開発フィールドワークの学習効果を学生はどのように認識するのかー国際サービスラーニングの視点から学生の学習認識を評価する」明治学院大学社会学・社会福祉学研究、143、217-235.
  • Akashi, R. (2014). Toward the aging society where older adults' well-being is maintained: How social contacts affect older adults' satisfaction with life. 明治学院大学社会学・社会福祉学研究、143、61-71.
  • 明石留美子(2012)「ヒアリング調査の総括」『東日本大震災における高齢者・障害者等に対する福祉支援のあり方に関する調査研究事業報告書』全国介護者支援協議会.
  • 明石留美子(2010). 世界の社会福祉年鑑2010第10章, 世界銀行(World Bank), 441-462. 旬報社.
  • 明石留美子(2010). ミレニアム開発目標とソーシャルワーク実践―開発途上国への国際協力における国際社会福祉の役割についての考察、ソーシャルワーク研究 36(3), 48-49.
  • Akashi, R. (2009). Happiness, depressive symptoms, and sense of control among older Americans living in the community. 明治学院大学社会学・社会福祉学研究, 130, 109-135.
  • Akashi, R. & Akashi H. (2008) Social work in international health and medical assistance, BioScience Trends 2(4), 155-163.
  • Akashi, H., Fujita N., Akashi, R. (2006) Aid coordination mechanisms for reconstructing the health sector of post-conflict countries. Japan Medical Association Journal, 49 (7/8), 251-259.

<学会発表>

  • Akashi, R. & Mui, A. (2012) Happiness in Old Age: A Study of Psychological Well-being Living in the Community. Gerontological Society of America 65th Annual Scientific Meeting. San Diego, U.S.A.
  • Akashi, R. & Mui, A. (2012) Factors Associated with Depressive Symptoms Among the Soon-to-be-old, the Young-Old, and the Old-old. Gerontological Society of America 65th Annual Scientific Meeting. San Diego, U.S.A.
  • Akashi, R., Mui, A., & Akashi, H. (2012) Three Age Group Comparison of Anxiety in Old Age. Gerontological Society of America 65th Annual Scientific Meeting. San Diego, U.S.A.
  • Akashi, R. (2007) Elderly Depression and Its Associated Factors in the Domains of Physical Health, Cognitive Status, and Social Activities, Gerontological Society of America, San Francisco, U.S.A.
  • Akashi, R. (2006) Association of Health, Cognitive Function, and Social Activities with Older Adults' Depression, Council of Social Work Education, Chicago, U.S.A.
  • Mui, A. Kang, D., & Akashi, R. (2005) Intergenerational Exchange between Generations Among Asian American Immigrant Elder. Gerontological Society of America, Dallas, U.S.A..
  • Shibusawa, T., Akashi, R., & Kang, D. (2005) Predictors of Health Services Utilization among Asian American Elders in New York City, New York University Institute of Community Health and Research, New York, U.S.A.
  • Mui, A., Akashi, R., & Kang, D. (2004) Predictors of Depression among Elderly Chinese and Korean Immigrants, Gerontological Society of America, Washington, D.C., U.S.A.

プロフィール

上智大学国際学部比較文化学科卒業後、早稲田大学政治学研究科博士課程前期で国連のアフリカでの信託統治について研究しました(政治学修士号取得)。修了後 は、UNICEF、国際協力機構、世界銀行東京事務所に勤務し、西アフリカのリベリアやフィリピンで貧困緩和などの国際協力に従事しました。その後、アメリカのコロンビア大学大学院スクール・オブ・ソーシャルワークに留学し、高齢者福祉と国際福祉を学びました(理学修士号、哲学修士号、Ph.D取得)。その間、カンボジアのNGOで、ストリート・チルドレンの支援に携わりました。2001年に、ニューヨーク州修士号レベル・ソーシャルワーカーの免許を取得しています。Ph.D.(社会福祉学博士)。