明治学院大学社会学部MENU

元森 絵里子

Eriko Motomori
元森 絵里子
1-0701(本館7階)
-
motomori@soc.meijigakuin.ac.jp

近年の研究テーマ

「子ども」をめぐる言説の歴史と現在を描く試みを続けてきました。「子ども」はそれ自体で価値があり、「社会」の要だから重要であるという2つの感覚を焦点に、私たちは事あるごとに「子ども」とその処遇の制度である教育を語り続けてしまいます。こういった語りの来し方行く末を明らかにすると同時に、それを異化する理論と、異化するような子どもと社会の歴史の記述を模索しています。

担当授業

学部担当授業

  • 演習1
  • 演習2
  • 教育社会学/教育社会学A
  • 子どもの歴史社会学
  • 社会調査実習
  • コース演習A

大学院担当授業

  • 子どもと教育研究1A
  • 子どもと教育研究1B
  • 研究指導

主な業績

単書

  1. 『語られない「子ども」の近代―年少者保護制度の歴史社会学』勁草書房, 2014年
  2. 『「子ども」語りの社会学―近現代日本における教育言説の歴史』勁草書房, 2009年。

翻訳書

  1. アラン・プラウト『これからの子ども社会学―生物・技術・社会のネットワークとしての「子ども」』(元森絵里子訳)新曜社, 2017年

共書

  1. 貞包英之・元森絵里子・野上元『自殺の歴史社会学―意志のゆくえ』青弓社, 2016年 (「自殺を補償する―二十一世紀転換期の過労自殺訴訟」「自殺を予見する―現代のいじめ自殺訴訟と子ども・教育」「あとがき」担当)
  2. 相澤真一・土屋敦・小山裕・開田奈穂美・元森絵里子『子どもと貧困の戦後史』青弓社, 2016年 (「大人と子どもが語る「貧困」と「子ども」――どのようにして経済問題が忘れられていったか」担当)
  3. ほろよいブックス編集部編『ほろよいブックス 酒読み―文学と歴史で読むお酒』社会評論社, 2012年 (「「未成年者飲酒禁止法」制定―「なぜ、お酒は二十歳になってからか?」をめぐる半世紀」担当)
  4. 遠藤知己編『フラットカルチャー―現代日本の社会学』せりか書房, 2010年 (「カルチャーセンターの「深さ」と「浅さ」」「おとなしい子ども・やさしい大人―反抗期の変容」担当)

論文

  1. "Why Can't We Drink? Understanding the Ambiguity in the Adult-Child Distinction in Modern Japan by Lookina at a Half-Century Discussion on the Minimum Age Limit for Drinking," The Meiji Gakuin Sociology and Social Welfare Review, 147, pp.37-57
  2. 「「子ども」の意志・教育の責任―民事判例に見る「いじめ自殺」をめぐる意味論の現在」『明治学院大学社会学・社会福祉学研究』第145号, 2015年, pp.85-135
  3. 「テーマ別研究動向(子ども)―子ども観の歴史性・構築性の反省の現在」『社会学評論』第66巻1号, pp.123-133
  4. 「『過労自殺』の社会学―法理論と制度運用に着目して」『年報社会学論集』第25号, 2012年, pp.168-179
  5. 「「子ども」は実体か構築かという問いをめぐって―『明治以降教育制度発達史』を事例とした子どもと教育の社会学の視角についての一考察」(『社会学評論』第63巻1号, 2012年, pp.121-135
  6. 「社会化論という想像力をめぐって―「子ども」の奇妙さと「社会」の強固さ」『年報社会学論集』第22号, 2009年, pp.174-185
  7. 「「子ども社会」の社会学的考察―子ども社会研究の方法論的課題」『子ども社会研究』第15号, 2009年, pp.114-122.
  8. 「子どもへの配慮・大人からの自由―プレーパーク活動を事例とした「子ども」と「大人」の非対称性に関する考察」『社会学評論』第57巻3号, 2006年, pp.511-528.

社会的活動

  1. 日本子ども社会学会:研究交流委員会(2013~2016年度)、(紀要編集委員会(2015~2016年度)
  2. 日本教育社会学会:研究委員会(2015~2016年度)
  3. 日本社会学会:『社会学評論』専門委員(2016~2018年度)

メッセージ

がむしゃらに勉強(仕事)すること、勉強(仕事)以外の何かにまい進すること、ホントどうしようもない時間を過ごすこと――。学生時代にはこの3つのどれもが重要で、3つのすべてを思い切りできるのが学生時代なのかなと思います。往々にして3つのバランスはしっちゃかめっちゃかになるのですが(自戒をこめて)、それもまた許されるのが学生時代かもしれません。

社会学は、社会の見方を教えてくれますが、対象としての社会とは自分で出会わねばなりません。多くの経験を積んでください。そして、その経験の見方を一緒に考えましょう。

ゼミ紹介

ゼミの紹介へ

2017年度は昨年度までとはテーマを変えて、「多様な子ども期を考える」をテーマとして設定します。3年生では、まず、子ども観の歴史的見方について基本的な文献を読みながら学び、次に自分で選んだテーマについて自分で調べて発表してもらう予定です。全員の発表がそろえば多様な子ども期の歴史と現在が見えてくる?それによって、社会意識の歴史をとらえる視角や方法論、時代背景を踏まえて現在の問題を論じる方法などを習得してもらうことも狙っています。4年生では、テーマに適した調査方法の選び方や論理の立て方を勉強しつつ、集大成としての卒論をまとめます。

と、授業時間では、人数の都合上パッケージ化した形で進めざるを得ないのですが、なんでもやりたいテーマをどんどん進めていくことを応援します。そもそも子どもや教育には、強制・詰め込みか自発性・学習者尊重かといったアポリアがつきまといます。では、教育の見方を教育することになっている教育社会学のゼミはどうしたらよいのか...。教員も答えがないのです。よって、基本的に課題という枠だけつくって「それぞれ何かをつかんでもらおう作戦」をとりつつ、レクリエーション等は学生おまかせのゆるゆる体制でやっています。

元森ゼミ 元森ゼミ