明治学院大学社会学部MENU

スタッフ

※各教員の名前をクリックすると各教員紹介ページにジャンプします。

教員氏名主要研究テーマゼミ(または授業)内容

明石 留美子
福祉開発、国際福祉、ウェルビーイング(幸福学)、災害と社会福祉 国際福祉を基本に、さまざまな思考・戦略ツールやフレームワークを活用して、新たな支援プロジェクトを学生チーム主体で開発することを目指しています。

茨木 尚子
障害者福祉・社会福祉サービスの供給組織の運営管理について 社会福祉施設などの社会福祉サービスを提供する組織のあり方を、実際の活動に参加したり、利用者の話を聞くなどの実践的な活動を通して考えていきます。

大瀧 敦子
難病患者の社会福祉ニーズ 医療・保健機関におけるソーシャルワーク 近年の機能分化した医療機関の中で、ソーシャルワーク支援がどのように展開しているのか。専門実習から得た知識、情報を踏まえて、その可能性と課題について考察する。

岡 伸一
社会保障制度の国際比較研究 欧州諸国を中心に社会保障制度の国際比較をし、国際連合、ILO、EU、欧州評議会等の国際社会保障政策を学び、世界を舞台とした社会正義の進展をめざす。

岡本 多喜子
高齢者福祉を中心に、社会福祉の歴史・制度・ 政策を研究 高齢者は人生の延長線上にいる先輩です。この先輩に対する社会福祉施策は介護問題の解決だけではないのです。人間としての尊厳を重視した、安心・安全な生活が保障される社会のあり方を考えていきます。

河合 克義
地域福祉論、地域での生活を保障する社会福祉のあり方について 地域と社会福祉の関係を大学内だけでなく現場の現状から学びます。都市部・地方都市・過疎地・離島の地域調査、高齢者の生活調査などを通じての実態研究を重視しています。

北川 清一
ミクロ(個人・家族・集団・組織)ソーシャルワーク論、現代人の生活問題の解消に努める実践理論の研究 子どもや家族が明るく豊かに生きていくのが難しい現代社会。その問題構造を解明し、「生きる」カを育む方法を社会福祉実践理論の立場から考えていきます。文献を読み、事例を掘り下げ、ロールプレーを行う過程を重視します。

金 成垣
社会政策および福祉国家の歴史・国際比較研究 社会政策および福祉国家の基礎理論を学びます。日本と諸外国における歴史と現状を理解し,今後の課題と展望を考えていきます。

久保 美紀
ソーシャルワークの理論と思想に関する研究 他者を援助するとはどういうことなのかを社会福祉の立場から考え、対人援助の技術の拠り所となる援助理諭について学習していきます。

榊原 美樹
コミュニティ(地域)の福祉を進める方法 住民が主体的に参加・参画しながら、それぞれの地域ごとの福祉を作り上げていくための方法について、実際の地域の事例に注目しながら学んでいきます。

清水 浩一
社会福祉に関する文化、価値、倫理について 憐れみ、人権意識、差別・屈辱等を意味するスティグマなど、社会制度としての社会福祉制度に直接的に関連する精神的文化や価値を取り上げて考察をしていきます。

新保 美香
公的扶助論:現代社会における"貧困問題"とその対応を探る "貧困"に私たちはどう向き合うことができるでしょうか。貧困・低所得世帯の方々への相談援助活動のあり方を、当事者の声や福祉現場の実際をふまえつつ、検討していきます。

高倉 誠一
特別支援教育。特に知的障害教育。 障害も含め、ハンディーのある子どもたちを、いかに教育の場で主体的存在とするか。そのためのあり方と方策について考えます。

深谷 美枝
ソーシャルワークに直結した実習教育の探求と、より深い心のケアとしてのスピリチュアルケア視点のソーシャルワークへの導入 長年実習教育を専門にしてきた経験から、学生に理解しやすく身近な形で噛み砕いたソーシャルワークの基礎をレクチャーします。

松原 康雄
児童福祉、子供と子供を育てる家族に対する社会的支援について 子どもが被害者となる児童虐待などの事件や、子どもが加害者となる非行問題などの事件を、福祉という切リロから検討します。その他、不登校、障害児などの児童をめぐる諸問題について、全員参加型のゼミを行っています。

三輪 清子
児童福祉、社会的養護、里親子に関する研究 子どもの福祉に関することを広く取り上げます。また、子ども虐待、社会的な養護を受ける子どもたちのことを学びます。さらに、その子どもたちの家族への支援、また里親家族への支援について考えます。

村上 雅昭
精神障害者を地域で支えるための包括的治療のあり方 精神医学の歴史、基盤となる考え方、正常と異常の問題をまず学びます。その後、意識、知覚、記憶、思考、感情、自我意識等の精神機能とその異常に関して学習します。それを基に統合失調症、うつ病・双極性障害、てんかん、認知症、パーソナリティ障害等の代表的疾患の特徴に言及して一生役に立つ実学としての精神医学の習得を目指します。

八木原 律子
精神障害者の自立と社会参加にかかわる精神保健福祉士に必要な実践的支援方法について 地域で暮らす障害者が自立と社会参加を目指すために必要なニーズを探求、アセスメントや目標設定を通した支援方法について、支援する者の自己洞察や対人スキルなどに焦点を当てながら支援のプロセスを学習していきます。

米澤 旦
就労支援分野の社会的企業の活動とそれを取り巻く諸政策についての研究

現代の生活を支える諸制度の中で、いかに社会的企業や非営利組織が活動しているのか、その意義と課題を学びます。


和気 康太
社会福祉調査論、特に社会福祉計画と関連した研究 社会福祉調査に関する基本的な問題について、近年、社会福祉の方法として重要視されるようになってきた社会福祉計画と関連させながら幅広く考えていきます。

2015年4月1日現在(50音順)