明治学院大学社会学部MENU

教員紹介

各教員の専門領域等について詳しくお知りになりたい方は、「社会福祉学とはどのような学問か」を参照してください。

※各教員の氏名をクリックすると各教員紹介ページにジャンプします。

米国のソーシャルワーク、国際福祉
米国でソーシャルワーク、とくにウェルビーイングを研究。また、ソーシャルワーカーによる開発途上国支援という視点から国際福祉を考え、プロジェクト開発、福祉開発の方法を探究する。
社会福祉運営管理論
障害福祉領域を中心に、当事者主体の社会福祉支援とは何かを追究している。当事者団体との共同研究から、当事者参加型調査のあり方についても研究。
医療福祉論
医療ソーシャルワークの支援対象となる生活課題とそれを持つ人について、体系的に理解し、理論的考察ができるようになることを目標に、学修を進めていく。
社会保障論
社会保障の理論と政策について、法学、経済学から研究する。EUやILO等の国際機関の社会保障政策から国際社会保障協定、途上国への社会開発協力を含め、国際社会保障論を研究する。
高齢者福祉論
高齢者が地域社会で暮らし続けられるための方策を検討する。社会問題の一つとしての高齢者問題を歴史をふまえて多面的に理解し、実行性のある解決策の有無について考察する。
地域福祉論
地域福祉をめぐる対象論、政策論、方法論の先行研究を学び、研究課題、研究方法を習得する。今日的課題については行政および社会福祉協議会が直面する問題を取り上げたい。
ソーシャルワーク
エビデンス・べースド・プラクティスなる考え方と対照しながら、生活型社会福祉施設実践の「理論体系」についてナラティブ/ストレングス・アプローチとの関連から学修する。
金 成垣 准教授
社会政策論
社会政策は雇用保障と社会保障からなる。国際比較の視点から日本と諸外国における社会政策の歴史と現状を研究し、時代ごとの連続と断絶、国ごとの類似と相違、そしてその背後にある要因を探る。
ソーシャルワーク論
ソーシャルワークの理論と実践をどのように連結するのか、そして、ソーシャルワーク実践を支える価値の生成、価値の具現化について探究する。
社会福祉原論
社会福祉の事象を科学として理解するための方法や学説史について理解を深める。また時代背景との関連も重視する。
公的扶助論
貧困・低所得者福祉に関わる日本、および諸外国の理論の変遷と内容を学ぶ。また、日本の公的扶助制度である生活保護制度の現状を分析し、今後のあり方を検討していく。
高倉 誠一 准教授
特別支援教育論
障害のある子どもに加え、不登校など特別なニーズをもつ 子どもを対象に、こ の子たちを教育の場でいかに主体的存在とするかという視座から、教育的支援を 巡る課題について検討する。
ソーシャルワーク
社会福祉実践とスピリチュアルケアの関係性を学ぶ。また、その研究方法論としての質的研究をグラウンデッド・アプローチを中心に学ぶ。
児童福祉論
貧困と児童・家族に関する理解を前提とし、論理的思考と実践の整理が行える力を身につける。特に児童虐待対策を素材として研究する。
精神保健福祉論
日本は病院中心の精神医療が主流で地域への移行が叫ばれて久しいが、実現には至っていない。日本の地域精神医療の現在に至る変遷と今後の実現の可能性を探る。
精神保健福祉領域の援助技術論
社会福祉の援助技術の一つである、社会生活技能訓練を中心に理論や技法の理解を深め、今日活用されている現場領域(社会福祉・司法・企業・教育・保健・医療など)において、ソーシャルワークの視点に立ったプログラム開発を探る。
米澤 旦 准教授
社会起業論
祉や社会政策と民間組織(NPOや営利企業)のかかわりを検討する。特に、転換期の福祉国家における、社会的包摂にかかわる組織について社会学的観点から多角的に分析する。
社会福祉調査論
社会福祉学・研究において必須の社会福祉調査の基礎理論について学ぶことを目標とする。理論なき実証(調査)は盲目であり、実証なき理論は空虚である。この理論と実証の関係を視野に入れて学んでいく。

2016.4.1現在(50音順)