明治学院大学

明治学院大学

社会学部

社会学部TOP 学内学会 2018年 Socially26号

2018年 Socially26号

Sociallyは、学内学会の機関誌として1993年に創刊され、2018年3月に第26号を発行することができました。社会学部の学生・院生・教員へ配布、会費を納入している卒業生会員へ送付されています。

Socially 第26号 March 2018

目  次

〈巻頭言〉 
グローバル化の時代 ─日本にいて何を学ぶか─ .....................北川 清一

〈特 集「グローバル化」〉 
グローバル化と国際社会保障論 .............................................岡 伸一 
グローバル化による社会問題対策の移転と収斂 ........................米澤 旦 
2010年代の「グローバリゼーション」をどう捉えるか
─日本のTVやSNSから見えない風景─ .................................石原 俊
コラム グローバル化するスポーツからみた人種問題 ...............後藤 一真 
ローカル・ロジックをグローバル社会で活かす 
─ネパールの金銀細工職人の商品開発の現場から─ ............渡部 瑞希 
人々のグローバル化と日本のソーシャルワーク ........................岡本 多喜子 
グローバル化は日本の労使関係に何を与えたのか  
─生産性運動を事例として─ ..........................................沼田 元明
日本のグローバル化と共生モデルとは ....................................福嶋 康介
【コラム】言語化できない状態................................................福嶋 康介 
【鼎談】「内なる国際化プロジェクト」って何? ......高桑 光徳・大瀧 敦子・浅川 達人・福嶋 康介
【コラム】難民の子どもの学習支援について 
─現場から見えたこと─ ................................................小寺 美波

〈論  文〉 
法的社会現象と人間観についての社会学的試論 
  ─阿部勤也の世間論から新自由主義へ─ ...........................石渡 拓也 
男女共同参画政策のジェンダー主流化に向けて .....................高橋 麻美 
欧州4カ国の家族給付に関する国際比較 ..............................米谷 あづみ

〈卒業生インタビュー〉 
通訳で人びとを助けたい 
―菅田地域ケアプラザ勤務の松野勝民さんを訪ねて─ ......三浦 麻友夏・渋谷 晶
自由に社会学する ─退職される水谷史男先生に訊く─ .........田澤 瑠理・三浦 麻友夏・渋谷 晶

〈ゼミ紹介〉 
浅川ゼミ....................................社会学科   浅川 達人 
柘植ゼミ....................................社会学科   柘植 あづみ 
安井ゼミ....................................社会学科   安井 大輔 
渡辺ゼミ....................................社会学科   渡辺 雅子 
金ゼミ.......................................社会福祉学科 金  成垣 
清水ゼミ....................................社会福祉学科 清水 浩一 
三輪ゼミ....................................社会福祉学科 三輪 清子 
和気ゼミ....................................社会福祉学科 和気 康太

2017年度社会学部卒業論文タイトル一覧

編集後記